ABDUCTOR アブダクター

アブダクター

巨大な生体兵器を、パノプティコンの住人は"アブダクター"と呼んでいる。アブダクターにもさまざまな種類が存在し、パノプティコンでも人工的に開発したアブダクターを兵器利用している。ウィルオー技術の結晶とも言える生体兵器人工アブダクターには目的に合わせた複数種の機体が存在。

輸送弐脚 甲(ミサイルポッド装備)

輸送弐脚 甲"は、市民(シヴィリアン)の搬送に特化した機体で、3人まで同時に収容可能。この機体はミサイルポッドの追加兵装を行っている。鳥篭(ケージ)が複数あり、市民(シヴィリアン)の奪還は個別に破壊を行う必要がある。ボランティアやアブダクターの種類によって、2人以上の市民(シヴィリアン)を同時に搬送する。

アブダクターは、咎人の命を一撃で奪う強力な力を持つ。よって、油断した咎人を待つのは"死"のみ。アブダクターとの戦闘は攻撃を見極めた間合いが必要となる。アブダクターの目的はシヴィリアンを略奪すること。どのような方法で略奪してゆくのか、どのような方法で咎人はアブダクターに立ち向かうのか。

汎用弐脚 甲(シールドジェネレーター装備)

ライフルやガトリングの弾丸が、なにかのエネルギーによって跳ね返される。このアブダクターには、どうやら遠距離攻撃を無効化する兵装が追加されているようだ。

砲撃弐脚 甲

人工アブダクターの中でも汎用性を犠牲に、攻撃に特化した機種である。超遠距離からの砲撃はもちろんの事、アンバランスな見た目からは想像できない高い機動力で直接物理攻撃も行う。主要な攻撃手段である砲塔が最も高い位置に装備されており、咎人に張り付かれて破壊されることを困難にしている。