記載してなかったからいけないんだが、当サイトは【2chSC】からのみ転載:引用しているフリーダムウォーズまとめサイト【フリーダムウォーズ速報】です。いや、よく見たら、記事下にちゃんと【参考とか引用】として最初からSCのリンク貼ってます。

続きを読む

権利解放

囚人である咎人は日常の基本的な行為の権利すら許されていない。5歩以上歩いたり、横になって休むことすら許されない。

咎人はボランティアに参加してPTへの貢献を証明すると、減刑と共に「恩赦ポイント」が与えられる。この恩赦ポイントを使い、「権利解放申請」を行って自由のための権利を獲得していくのだ。
img_1
 

権利解放申請の項目と例

・日常行動に関する権利
 → 独房外への外出や他の咎人・市民との交流する権利など

・コーディネート権利
 → 咎人やアクセサリの見た目をカスタマイズする権利

・システム利用権利
 → 武器・アイテムの生産・強化施設の使用権利など

・武装補助権利
 → 戦闘時に持ち込む戦闘用アイテム枠の増加
 → より希少なアイテムを取得する権利
 → 友軍からより強力な援護が得られる権利
img_2
img_3
 

続きを読む

操作タイプ

オプションメニューの「操作設定」を選ぶと操作タイプを選択することができる。
img_1

操作タイプは 5つあり、それぞれに向いているアクションがあるので、自分の優先したいアクションと相談して選んでみよう。 具体的には以下の5タイプがある。
・荊タイプ
・ダッシュタイプ
・シュータータイプ
・ハンタータイプ
・テクニカルタイプ
img_2

例えば、「ハンタータイプ」は方向ボタンでカメラを操作できる操作タイプ。このタイプを使うと、左手のみで移動とカメラ操作ができるようになる。 
img_3




続きを読む


system

1. 武器>>>
2. 荊>>>
3. カスタマイズ>>>
4. 貢献の仕組み>>>
5. 権利解放>>> 
6. 操作タイプ>>>
7. 強化サイクル>>

visual

貢献の仕組み

PT内の組織「安全保障局 ボランティア管理部」より各咎人に適切なボランティアが発行される。
咎人はその中から参加したいボランティアを申請し、無事に成功させると、その成果が評価され減刑に至る。

その他、ボランティア終了時や独房にて「刑期控除納品申請」を行うことも可能だ。これは基本的な減刑以外に、ボランティア中に手に入れた資源をPTに納品して刑期控除、つまり追加の減刑を受けることのできる制度である。

納品した資源にはそれぞれに「GDPP」というPTの勢力を示す値が設定されており、各PTの勢力はこのような各個人の納品によるGDPPの合計値によって決められている。
各PTの勢力状況は「都市国家情勢」の「都市国家序列」から確認することが可能だ。都市国家情勢の変動によって、新たな追加ボランティアが配信され、さらなる貢献に励んでいくことになる。

刑期控除納品申請

「刑期控除納品申請」では、所有する資源を納品して減刑の追加申請ができる。

資源の枯渇したこの世界では、ボランティア中に手に入れることのできるアブダクターの部品や打ち棄てられた旧時代の遺物、未採掘の鉱物などは責重な資源であり価値が高い。

ボランティアの成果とは別に、所属するPTに資源を「納品」することで貢献として認められ、刑期控除、すなわち減刑を受けることが可能となっている。
無駄な資源は一つも存在しない。責重な資源を取りこぼすことの無いよう、しっかりと回収していこう。
img_1
img_2
img_3

 


このページのトップヘ