権利解放

囚人である咎人は日常の基本的な行為の権利すら許されていない。5歩以上歩いたり、横になって休むことすら許されない。

咎人はボランティアに参加してPTへの貢献を証明すると、減刑と共に「恩赦ポイント」が与えられる。この恩赦ポイントを使い、「権利解放申請」を行って自由のための権利を獲得していくのだ。
img_1
 

権利解放申請の項目と例

・日常行動に関する権利
 → 独房外への外出や他の咎人・市民との交流する権利など

・コーディネート権利
 → 咎人やアクセサリの見た目をカスタマイズする権利

・システム利用権利
 → 武器・アイテムの生産・強化施設の使用権利など

・武装補助権利
 → 戦闘時に持ち込む戦闘用アイテム枠の増加
 → より希少なアイテムを取得する権利
 → 友軍からより強力な援護が得られる権利
img_2
img_3